男女共同参画WEBマガジン

epoca

自分らしく生きるためのヒントを見つける旅にでよう

あざれあ主催事業

2019

令和元年度 女性の活躍推進事業

トークセッション

SDGsと世界とわたし

~個人ができること、組織ができること~

ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう

持続可能な開発目標(SDGs)のゴールのひとつ「5:ジェンダー平等を実現しよう」は、

ジェンダー平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図るためのものです。

教育・雇用機会の不平等や労働市場における男女格差、性暴力や虐待、家事・ケア労働の不平等な分担、

リプロダクティブ・ヘルスに関する無知など、あらゆる形態のジェンダーによる不平等や差別をなくすことは、

持続可能な開発を促進するために必要です。

ゴール5が実現されると私たち社会の何が変わるのか、

そのメリット、ゴール5をめぐる世界と日本の現状とその比較、他のゴールとの関係性を通し、

私たちの生活が世界とどうつながっているかを知ることで、

「誰も置き去りにしない」社会のために何をどうすべきなのか、

個人レベル、組織レベルでできることを考えましょう。

受講無料

2019年(令和元年)

11/14(木)

14:00~16:00

開場 13:30

 

会場/静岡県男女共同参画センター あざれあ

4F 第1研修室

静岡県静岡市駿河区馬渕1-17-1

令和元年度 女性の活躍推進事業

トークセッション

SDGsと世界とわたし

~個人ができること、組織ができること~

ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう

令和元年11月14日(木)

14:00~16:00

11月

募集中

申込フォーム→ ここをクリック!

スピーカー

ほくごう   みゆき

北郷 美由紀

 

朝日新聞社 記者

みわ   あつこ

三輪 敦子

 

アジア・太平洋人権情報センター

(ヒューライツ大阪)所長

日本赤十字社外事部(現国際部)、国連女性開発基金(現UN Women)アジア太平洋地域バンコク事務所、(公財)世界人権問題研究センターにおいて、ジェンダー、開発、人道支援、人権分野の様々なプログラムの実施支援や調査・研究に携わってきた。2017年より、(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長。(一社)SDGs市民社会ネットワーク共同代表理事。2019 C20共同議長。国連ウィメン日本協会副理事長。

2017年から報道企画「2030 SDGsで変える」を担当。

記者として政治部、国際報道部(ジャカルタ特派員)、オピニオン編集部で取材。

子育てシフトで記者の仕事から離れ、提携大学でのジャーナリズム講座の運営やインターン受け入れの担当をしていたことも。SDGsを取材するようになって、その「接着剤効果」を日々、実感している。

 

 

【日 時】令和元年11月14日(木) 14:00~16:00(開場13:30)

【場 所】静岡県男女共同参画センターあざれあ 4F 第1研修室

【講 師】三輪 敦子(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長

     北郷 美由紀(朝日新聞社 記者)

【対 象】どなたでも

【参加費】無 料

【お申込み】電話・FAX・メール・申込フォームにて、氏名、電話番号、メールアドレスをお知らせく

      ださい。お申込みを受付けましたら、こちらからご連絡いたします。

【お問合せ】特定非営利活動法人 静岡県男女共同参画センター交流会議

                 〒422-8063 静岡市駿河区馬渕1-17-1

                 TEL:054-250-8147 FAX:054-251-5085

                 e-mail:azareachiiki@gmail.com

【主 催】特定非営利活動法人 静岡県男女共同参画センター交流会議

静岡県男女共同参画センター あざれあ

〒422-8063 静岡県静岡市駿河区馬渕1-17-1 TEL:054-250-8147 FAX:054-251-5085

指定管理者 あざれあ交流会議グループ

Copyright©静岡県男女共同参画センター あざれあ All rights reserved.